読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yakuproplus’s blog

国内外のニュースに関して、思うことなどを綴っていきます。

大統領就任初日にTPP離脱通告

トランプ次期大統領が、TPP協定からの離脱方針を直ちに実行に移すという考えを示しました。

いやいや、やはり強烈ですね。 まぁ、選挙戦でもぶちまけていましたから、当然のことと言えば、当然のことなのですが・・・

f:id:yakuproplus:20161122165302p:plain さて、そのTPPなのですが「環太平洋経済連携協定」といって、2015年10月5日に大筋合意となったもので、参加12ヶ国の人口は約8億人となり、世界経済規模で言えば、約4割弱を締める自由貿易圏となる見込みだったのですが、最大の経済規模をもつアメリカが脱退するということで、TPP実現の可能性は極めて難しくなりますね。

このTPP、もともと2006年にシンガポールニュージーランドブルネイ、チリの4カ国間で発効した「P4(パシフィック4)」と呼ばれる規模の小さいEPA経済連携協定)に過ぎなかったのですが、2009年にアメリカが参加表明したことによって、オーストラリア、ペルー、ベトナムが次々と参加することになり、名称もTPPに変更されました。

TPPは、関税の撤廃により肉・野菜・果物・乳製品などの輸入食品が安くなり、日本製品の輸出額が増大するというメリットはありますが、いいことばかりではなく、大きなデメリットとして、アメリカなどから安い農作物が流入してくることにより、日本の農業が大きなダメージを受けます。

また、食品添加物遺伝子組み換え食品・残留農薬などの規制緩和によって、食の安全が脅かされることになりますし、海外の安価な商品流入によってデフレが引き起こされるという懸念もあります。

プラマイゼロなんじゃ???

なんて思いがちですが、この離脱にはアメリカの大きな意図があり、多くの国を巻き込んでいるTPPではなく、日本とアメリカの2国間において、アメリカ有利なFTA、つまり自由貿易協定を推進するという意思が見て取れます。

まぁ、いずれにせよ、日本はここからがさらに大変です。

マレーが年間ランキング1位を守る!

ATPワールドツアー・ファイナルズ準決勝では、残念ながら錦織選手はまったくいいところがなく、ジョコビッチ選手に敢えなく敗退してしまいました。

マレー戦の疲れが抜け切らないのか、チリッチ選手にも逆転負けしていますし、やはりフィジカルでの差は、想像以上に大きいのでしょうね。

ATPワールドツアー・ファイナルズ決勝

さて、ATPワールドツアー・ファイナルズ決勝なのですが、錦織選手を破ったジョコビッチ選手と、初の年間1位とファイナルズ優勝を目指すマレー選手との戦いとなりましたが、戦前では2日連続して3時間オーバーの試合をこなしたマレー選手が圧倒的に不利で、優勝はジョコビッチ選手だろうなんていう予想が立っていましたが、そんな予想を吹き飛ばすかのごとく、マレー選手が、あのジョコビッチ選手をストレートで下しましたね。 f:id:yakuproplus:20161121181334j:plain

不調とはいえ、ここまで体力温存のストレート勝ちで勝ち上がってきたジョコビッチ選手に1セットも与えずに勝ち切るのですから、今年後半のマレー選手の強さは本物で、また恐るべき体力と精神力だと思います。

この決勝に勝ち上がる前のマレー選手の2試合、対錦織選手、対ラオニッチ選手の試合は観たのですが、フルセットにまで及んでおり、マレー選手はかなり走り回っており、ようやく勝ちきったという試合でしたし、流石にランキング2位のジョコビッチ選手には、ストレートで負けるだろうなと思っていたのですが、流石ですね。

これまで、BIG4の中でも1番苦労してきていましたし、このような苦労人が最後に笑ってツアーを終えることができるのは、とても嬉しいですね。

しかもマレー選手は5大会連続での優勝ということになりますし、全米オープン準々決勝の敗退以降、負け知らずですから、どこまで無敗記録を伸ばすことができるのか、来年もとても楽しみです。

また、グランドスラムも残り、全豪オープン全仏オープンを残すのみとなっており、いまの勢いであれば、来年の全豪オープン制覇も間近なのではないでしょうか。

ATPツアーファイナルズ、2年ぶり4強へ

本日、というか明日の朝5時から、ATPツアーファイナルズ、錦織圭選手VSマリン・チリッチ選手の試合が開始されますね!

f:id:yakuproplus:20161118173945p:plain

この試合、2年ぶりにツアーファイナルズ準決勝に進むためには、ぜがひにも勝ちたいところではありますが、実はこの前に行われる、アンディ・マレー選手VSスタン・ワウリンカ選手の結果次第では、錦織選手が負けたとしても、準決勝に上がることができるんですよね。

というのも、現在のところ、このグループ・ジョン・マッケンローの対戦成績は以下のようになっていて、

  • マレー・・・・(2勝)
  • ワウリンカ・・(1勝1敗)
  • 錦織・・・・・(1勝1敗)
  • チリッチ・・・(0勝)

なんと3人にリーグ突破の可能性があるんです。

もしマレー選手とチリッチ選手が勝った場合、ワウリンカ選手と錦織選手は負けということになりますので、ともに1勝2敗となり勝敗が並ぶことになります。

しかし、この場合、直接対決で、錦織選手はワウリンカ選手に勝っていますから、自動的に準決勝に進むことができます。

一番ややこしいのは、ワウリンカ選手と錦織選手が勝った場合。 とはいえ、この場合、マレー、ワウリンカ、錦織の3選手が2勝1敗となるとはいえ、順位決定の方法としてセット獲得率の高い人が優先ということになっているので、惜敗したとは言え、マレー選手から1セットとっている錦織選手には有利で、1位通過なんてこともありえます。

ただし、危険なのは、ワウリンカ選手が勝ち、錦織選手が負けた場合で、こうなってしまうと残念ながらリーグ戦での敗退が決まります。

とにかく錦織選手がチリッチ選手に勝つことが、何も考えなくて済むので一番いいのですが、なにせここのところ、チリッチ選手には2連敗中ですし、流石にチリッチ選手も全敗でファイナルズを終えたくないでしょうから、かなり本気で挑んでくるでしょう。

他力本願でマレー選手が、ワウリンカ選手を撃破してくれるといいのですが、ここ1番というところで、ワウリンカ選手は恐ろしく強くなるんですよね。

なにせ、ワウリンカ選手はグランドスラム決勝に進出すると無敗というほど大舞台に強い選手ですから、マレー選手も安泰とは言い切れないんですよね。

まぁ、弱気なことを言っても仕方ありませんので、ここは全力で錦織選手を応援しましょう!