読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yakuproplus’s blog

国内外のニュースに関して、思うことなどを綴っていきます。

大統領就任初日にTPP離脱通告

トランプ次期大統領が、TPP協定からの離脱方針を直ちに実行に移すという考えを示しました。

いやいや、やはり強烈ですね。 まぁ、選挙戦でもぶちまけていましたから、当然のことと言えば、当然のことなのですが・・・

f:id:yakuproplus:20161122165302p:plain さて、そのTPPなのですが「環太平洋経済連携協定」といって、2015年10月5日に大筋合意となったもので、参加12ヶ国の人口は約8億人となり、世界経済規模で言えば、約4割弱を締める自由貿易圏となる見込みだったのですが、最大の経済規模をもつアメリカが脱退するということで、TPP実現の可能性は極めて難しくなりますね。

このTPP、もともと2006年にシンガポールニュージーランドブルネイ、チリの4カ国間で発効した「P4(パシフィック4)」と呼ばれる規模の小さいEPA経済連携協定)に過ぎなかったのですが、2009年にアメリカが参加表明したことによって、オーストラリア、ペルー、ベトナムが次々と参加することになり、名称もTPPに変更されました。

TPPは、関税の撤廃により肉・野菜・果物・乳製品などの輸入食品が安くなり、日本製品の輸出額が増大するというメリットはありますが、いいことばかりではなく、大きなデメリットとして、アメリカなどから安い農作物が流入してくることにより、日本の農業が大きなダメージを受けます。

また、食品添加物遺伝子組み換え食品・残留農薬などの規制緩和によって、食の安全が脅かされることになりますし、海外の安価な商品流入によってデフレが引き起こされるという懸念もあります。

プラマイゼロなんじゃ???

なんて思いがちですが、この離脱にはアメリカの大きな意図があり、多くの国を巻き込んでいるTPPではなく、日本とアメリカの2国間において、アメリカ有利なFTA、つまり自由貿易協定を推進するという意思が見て取れます。

まぁ、いずれにせよ、日本はここからがさらに大変です。